子宮頸がんワクチン

毎年約3000人の若い女性が子宮頸がんに罹患し亡くなっています。

子宮頸がんは、ワクチンで予防できる病気です。(3回接種)

中学1年生で接種をはじめ、初回接種の2か月後に2回目、初回接種の6か月後に3回目を接種します。

次の記事

子供の感染症