武雄杵島地区感染症発生動向(佐賀)(7/19~7/25)

7月19日から7月25日までの感染症発生動向です。感染性胃腸炎、特発性発疹症、水痘、RSウイルス感染症、溶連菌感染症、咽頭結膜熱,流行性耳下腺炎の順番です。

RSウイルス感染症・咽頭結膜熱が流行していましたが、先週より減少傾向にあります。感染性胃腸炎が増加傾向にあります。手洗い・うがいを心がけ、食べ物はしっかり加熱して摂取ましょう。

RSウイルス感染症は1歳未満では時に重症化しますが、2歳以上は熱も出ないような一般的な風邪です。年齢がカギになります。過剰に心配することはありません。